【ILC推進ニュース】岩手日報、河北新報の記事 令和2年1月

岩手日報 2020年(令和2年)1月6日(月) ===コメント=== この中で新しいのはマスタープランの重点計画のヒヤリング対象約60件の中にILCが入ったというもので、事実関係を確認中 マスタープランは日本学術会議が3年に一度選定するもので、前回2017に続いてマスタープラン2020の選定結果が、1月中に出る。 河…
コメント:0

続きを読むread more

【ILCニュース】胆江日日新聞 令和2年元旦の記事

胆江日日新聞 令和2年元旦  ILC誘致実現への壁 指摘(学術会議で検討委員長務めた家泰弘氏) http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/details.php?bid=903  国際リニアコライダー(ILC)誘致の行方を左右する日本学術会議(山極寿一会長)の「マスタープラン2020」が、今…
コメント:0

続きを読むread more

【ILC解説セミナー1/19&2/2】一関・水沢・盛岡

ILC解説セミナー 2020年1月19日(日) 午前:一関市東山町/午後:奥州市水沢 2020年2月2日(日) 午前:一関市千厩町奥玉/午後:盛岡市上田 ===詳細=== ■■2020年1月19日(日)■■ ① 一関市東山会場■■2020年1月19日(日)■■ 時間:10時 30分~12時 00分 場所:一 関市…
コメント:0

続きを読むread more

【ILC誘致】ILC推進団体による連絡会を新設

ILC推進団体による連絡会を新設。連絡会の座長は、東大素粒子物理国際研究センターの山下了特任教授。 連絡会は、岩手県国際リニアコライダー(ILC)推進協議会(会長・谷村邦久 県商工会議所連合会長)、東北ILC推進協議会、高エネルギー加速器研究機構(KEK)、先端加速器科学技術推進協議会(AAA)、岩手県・宮城県の関係者ら約20人で…
コメント:0

続きを読むread more

【国際リニアコライダー(ILC)】胆江日日新聞」ILCニュースを軸に「過去の記事など振り返り」

胆江日日新聞で振り返り1 2013年に「せふり山系 森と水のねっこわーく」と共に「国際リニアコライダー(ILC)を日本に誘致(建設)しないことを求める全国署名」に共同提出で関わった「放射能から子どもを守る岩手県南・宮城県北の会」世話人としてかかわる。 胆江日日新聞2013年9月5日 tanko 2013-9-5 9:10 「IL…
コメント:0

続きを読むread more

【国際リニアコライダー(ILC)】一位受賞の特典は、2020年3月に欧州への研修旅行

一位受賞の特典は、2020年3月に欧州への研修旅行。お金はどこから出るの?教えて! 「いわての高校生 サイエンス&エンジニアリング for ILC」開催結果の発表 参加は4校6チーム。一位の盛岡一高と、四位の水沢高校は「ILC推進モデル校」。さすがにこの2号は、放射線とか加速器施設の耐震構造などILCに関連する発表をしたようだ。…
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染水を海に流さないで GREENPEACE

カナダ、アメリカ、イギリスなどにはトリチウム分離施設が存在します。 日本でもこれらのすでに実用されている技術を参考に、分離技術を開発すべきです。 汚染水処理対策委員会 委員長に、以下を求めます。 ・放射能汚染水の意図的な放出はおこなわないこと。 ・放射能汚染水は長期保管とし、並行してトリチウム分離技術を開発適用すること。 …
コメント:0

続きを読むread more

【国際リニアコライダー(ILC)誘致】「血沸く」記事・大型研究施設の誘致問題の視点から

2019.11.11(それが報道された2019.11.12)という日は、ILC誘致にさまざまな疑問を投げかけてきた人たちにとって「血沸く」を体感する日になるだろう。研究者の冷静な目、若い大学院生の研究発表から目が離せない。 胆江日日新聞 ILCニュース 2019年11月12日 【石川県野々市市=児玉直人】素粒子実験施設「国際リニ…
コメント:0

続きを読むread more

【地球の終焉】六ヶ所再処理工場近くへ米軍F16が模擬弾落下

米軍三沢基地のF16 青森・六ヶ所に模擬弾落下 落下したのは三沢市と同県六ケ所村にまたがる米軍の訓練施設「三沢対地射爆撃場」から西に約5キロの地点で落下物は発見された ※「三沢対地射爆撃場」…旧日本海軍航空隊が天ヶ森射爆撃場として使用を開始し、戦後、連合軍の接収を経て、昭和27年7月に天ヶ森射爆撃場として米軍に提供。昭和36年4月に…
コメント:0

続きを読むread more

ILC誘致「反対姿勢」を明確化(一関拠点に活動する市民団体)胆江日日新聞2019年11月2日

胆江日日新聞2019年11月2日 ILC誘致「反対姿勢」を明確化(一関拠点に活動する市民団体) http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/details.php?bid=887  一関市を拠点に活動している市民団体「ILC誘致を考える会」は、ILC(国際リニアコライダー)の国内誘致反対の姿勢…
コメント:0

続きを読むread more

ILCの実現に向けた宣言:「仙台宣言」LCWS2019国際会議2019/11/1

ILCの実現に向けた宣言:「仙台宣言」 その第3項「我々は地域社会から強い支持を受けている」を読むと「素粒子物理学は追い詰められている」「素粒子物理学は『社会』との関係が希薄な分野なのだろうか」と思わせる。 素粒子物理学コミュニティにリスクコミュニケーションのノウハウがないこと、そして東北・北上高地に連なる行政もそれに慣れて…
コメント:0

続きを読むread more

【ILC誘致】2019年10月28日・国際会議の会場でILCを日本に建設しないことを求める

河北新報2019年10月29日(火曜日) 一関市の市民団体「ILC誘致を考える会」は、一関市などが子どもたちに向けて行うILCの誘致説明に、子どもたちを動員すること、ILCのリスクを説明していないことなどに疑問を投げかけてきたことで、ILCの懸念・リスクを説明する「ILC解説セミナー」も開催されるようになり、活動を始めた2017年以降…
コメント:0

続きを読むread more

国際リニアコライダー(ILC)の北上高地だけでなく日本に建設しないことを求めます

2019年10月24日 一関市議会 市民と議員の懇談会 午前 千厩支所/午後 室根支所 参加された方からの報告がありましたのでここに転載させていただきます。 「国際リニアコライダー(ILC)の北上高地だけでなく日本に建設しないことを求めます」 午前の千厩支所では私の発言を受けて、他に2名の方がILCについて発言しました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ILCは地域の持続的発展をゆがめる「東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター」機関紙56号

『みやぎ県民センターニュース』 56 号 2019 年 3 月 21 日 発行:東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター http://www.miyagikenmin-fukkoushien.com/pdf/news/news-56.pdf ILCは地域の持続的発展をゆがめる 岩手・宮城県境(北上高地)が候補地…
コメント:0

続きを読むread more

ILC・国際リニアコライダー東北誘致『30日に日本建設の重要性発信へ宣言』

ILC・国際リニアコライダー東北誘致『30日に日本建設の重要性発信へ宣言』仙台で10/28日からLCWS2019 10月28日 受付9時~ 全体会議10:30~、14:00~、16:00~18:00 同時進行で、企業・自治体展示が11月1日まで連日開催、11月2日 野外調査 ※LCWS:リニアコライダー・ワークショップ、毎年秋に欧…
コメント:0

続きを読むread more

【ILC誘致を考える】東京新聞「次世代加速器 日中が競合 日本、巨額費用がネック」

東京新聞 2019年10月6日 朝刊 次世代加速器 日中が競合 日本、巨額費用がネック  【北京=坪井千隼】中国が世界最大の加速器「CEPC」の開発に乗り出すのは、加速器が現代物理学の主戦場であり、基礎科学にとどまらず新産業を生み出す技術革新に直結するからだ。トランプ米政権は、米国の覇権を脅かすとして中国の産業育成策「中国製造202…
コメント:0

続きを読むread more

【国民は見逃さない】高レベル放射性廃棄物の処分問題と国際リニアコライダー(ILC)に関心を持ってもらいたい理由

冊子「宣伝会議」10月号に、このような公募が出ていました。広報費の行方のひとつと思われます。 https://senden.co/main/theme/190 先端加速器科学技術推進協議会(AAA) 課題:国際リニアコライダー(ILC)を知ってもらうアイデア 募集ジャンル:キャッチフレーズ/テレビCM/ラジオCM ht…
コメント:0

続きを読むread more