「温暖化ガス、30年までにゼロ」 コスタリカ ノルウェー

<<コスタリカ>>

「温暖化ガス、30年までにゼロ」 コスタリカ表明
2007年05月25日10時30分

 中米コスタリカのドブレス環境相は24日、地球温暖化の原因とな
る二酸化炭素など温室効果ガスの排出を、2030年までにゼロにする考えを明らかにした。ロイター通信が伝えた。火力発電所の全廃、ハイブリッド車の導入に取り組み、植林を進めて排出分を相殺する。こうした対策で世界初の「排出ゼロ」国家を目指す。

 コスタリカはもともと積極的な環境保護対策で知られる。温室効果
ガスの「排出ゼロ」を掲げた国は、ノルウェーが「50年までに」とする計画を先月発表したのに次ぎ、2カ国目だ。

 現在、コスタリカにおける発電は、すでに水力が78%、風力と地
熱が計18%を占め、火力発電の割合はごくわずか。国民1人当たりの温室効果ガス排出量(炭素換算)もノルウェーの約6分の1と圧倒的に少ない。
 植林推進のため、ガソリンに課税し、それを植林の補助金にあてる制度も97年にスタートさせており、ドブレス環境相は「われわれが最初に(排出ゼロに)到達できる」と自信をみせている。
http://www.asahi.com/special/070110/TKY200705250055.html


<<ノルウェー>>

「ゼロ」目標、達成時期を前倒し=温室効果ガス排出で-ノルウェー
1月18日22時0分配信 時事通信

 【ロンドン18日時事】地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出削減に力を入れるノルウェー政府が、取り組みを加速させる。オスロからの報道によると、同国は昨年掲げた2050年までに排出を1990年比で「ゼロ」にする目標を大幅に前倒しし、30年までの実現を目指す。 

温室ガス排出 2030年にゼロ ノルウェー与野党合意
2008年01月18日12時42分 朝日新聞 

ノルウェーの与野党は17日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素など温室効果ガスの排出を2030年までにゼロにすることを目指すことで合意した。同国は昨年、先進国で初めて50年までに排出ゼロを達成する目標を掲げたが、この時期を大幅に前倒しさせた。

 人口約468万人のノルウェーは、06年の温室効果ガスの排出量は約5400万トン。今後、風力や太陽光発電など代替エネルギーの研究を進めるほか、自国での省エネなどで排出量を3分の2まで減らす。さらに、毎年30億クローネ(約590億円)を投じ、ブラジルの熱帯雨林の破壊阻止や保存など、他国の排出減への協力で自国分を相殺する形で排出ゼロを目指す。ガソリン税も引き上げる。

 ストルテンベルグ首相は「ノルウェーの政策は世界で最も意欲的だ。この地球温暖化問題への挑戦は、まるで21世紀の『月面着陸』のようだ」と話している。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック