ホ・オポノポノ

ベトナムシンドロームに苦しむ米兵を退院させたヒューレーン博士の話。

その人がやったのが、ハワイの伝統的な問題解決方法の「ホ・オポノポノ」
「I'm sorry 」、「I love you 」、「Thank you」の3つの言葉。

米兵は、嫌だ・ダメだとわかっていてやらざるを得なかった。
自分のやってしまったことに苦しんでいた。

「全ては私の責任です。」

責めたり、世の中を呪ったりしない。全ては自分が引き寄せている。
自分が変われば変わる。


一つめは。「I'm sorry 」、ごめんね。自分の体がけがや病気で痛い。
こんな状態にしてしまってごめんね。

2つめは、「I love you 」、だけど、私はこの体が大好き。

3つめは、「Thank you」、ありがとう。今までありがとう。
そして、治ってこれからも動いてくれてありがとう。一緒に過ごせてよかったよ。

「I'm sorry 」、ごめんね。
「I love you 」、だけど、あなたを愛しています。
「Thank you」、ありがとう。

言う順番も大事。(場合によっては変わることもあるかもしれませんが)基本は、
「I'm sorry 」、「I love you 」、「Thank you」の順。
そして、「Thank you」と思うとき、好転したこと、解決したこと、未来をイメージする。


言葉で伝わることは3%、言葉でなく、思い・エネルギーが97%。

「ありがとう」のすごさ、重要性はよくわかっていた。
だけど、「ごめんね」「愛しているよ」は、やっていなかったなぁ・・・。

「ごめん」と問題を受け止める姿勢。
どんな状況でも、どんな状態になってたとしても、愛しているという気持ち。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック