「1/4の奇跡~本当のことだから~」&「光彩~ひかり~の奇跡」10/25終日ダブル上映会

3月に岩手初上映をして、奥州市、大船渡市にもつながりました。
今度、10月25日(土)一関市千厩町「千厩図書館ミニシアター」9:00~21:00終日上映会

大船渡市での上映会を成功させた、吉田恵子さんからの声掛けで
上映会を企画しました。同じ、入江冨美子監督の「光彩~ひかり~の奇跡」が
岩手初上映です。
映画「光彩~ひかり~の奇跡」は、映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」の中に
出てくるMSの雪絵ちゃんの詩「ありがとう」からもらったメッセージを受け継ぐ、
カラーセラピストの寺田のり子さんのドキュメンタリー
寺田のり子/プロフィール
カラー心理セラピストとして活動中、
糖尿病の合併症で片目を失明し、あと5年と、余命宣告を受ける。
絶望の淵にいるときに笹田雪絵ちゃんの「ありがとう」の詩に出会う。
どんな状況にも感謝してきることの大切さを思いだしたとき、
美しい光の絵が描けるようになる。
現在はカウンセリングだけではなく、
画家として個展を開催し、多くの人に希望と勇気を与えている。


新宿で「宇宙(そら)の約束」というグループで毎月の上映会をしている
しま平くん(写真の人:本名、大島秀夫くん)からのメッセージを紹介します。
http://soranoyakusoku.didit.jp/


○映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」の中に出てきたMSの雪絵ちゃん。

彼女の願いの「人は障害があるとかないとか、そんなことじゃなくって、誰もがみんな大切」という言葉。
これは要らない人は誰もいないということです。

みんな一人一人が必要な存在なんです。

自分には何も出来ることがないと感じている人もいるかもしれません。
かつては、私もそうでした。

生まれつき両耳が聴こえないせいで人と話す事も出来ず、
手が動かなくて足も動かなかった。
五体満足な人と比べると、私には出来る事がなかった。

でも、そんな事は全然なく、
不自由があるからこそ、気付ける事もあるし、出来る事があります。

私は「1/4の奇跡」の上映会をやっていますが、
実は上映会の中でも、私自身が出来る事って限られてくるんですよね。

耳が聴こえにくいので、受付もスムーズに出来ない。
音響の知識がないので、機材のセッティングも出来ない。
でも、みんなに助けられています。

私は自分の想いをみんなに伝えることのみ、やらせて頂いています。
一人で何でもかんでもやる必要はありません。


○人生に無駄な経験はないです。

楽しかったことや、
苦しかったことや、
ぼけーっとしていた事だって、
無駄な経験はひとつとしてない。

それを経験してきたからこそ、今のあなたがいる。

だから、自分を信じてみて下さいね。

○普通に愛を与えながら育てた子供達と、ミルクだけを与えて何もしなかった子供達で
何が違うかの実験が行われた。結果的に実験は失敗しました。
何故なら愛を与えなかった子供達が同じミルクをあげているにも関わらず、死んでしまったからです。
人は誰かに愛されているから、必要とされているから、生きているのです。
だから、あなたが生きている事は誰かに愛されているから、必要とされているからです。

○人にとって一番辛いことは、自分が必要とされないんじゃないかと思うこと。

○本当は障害者も健常者もない。
みんな、一人の人間です。
大切なことは、出来ることが多いとか、
出来ない事が多いとか全く関係ない。
ひとつだけでもいい。
自分は人に対して何をしてあげられるかということ。

一人一人が助け合うことにより、
初めて出来ることがある。

○例え、今日失敗や過ちを犯したとしても、そこで終わりではなく、必ず明日はやってきます。
その明日から直していけばいいし、償っていけばいい。

○どうして自分だけがこんなに苦しいんだろうと思ってはいませんか?

私は障害者施設でヘルパーのボランティアをしています。

そんな中で私よりも重い障害の子を見ていて、
この子はこんなにいい子なのに、どうしてこんなに苦しまないといけないんだろうと思います。
せめて、少しでも和らげる事も出来はしないんですね。
私は自分の経験から、自分の障害で苦しんだことも、
自分にとって、糧となりました。
だから、人ひとりひとりが自分にとって必要な事で苦しんだり悩んだりします。
自分だけじゃない。
みんな、一人一人がそれぞれの悩みや苦しみを抱えています。

んが~(;`皿´)

○誰かが障害を持って生まれなければいけない。

ある子供の話で、生まれてくる前に神様に呼ばれて、
「あなたは手が動かない身体で生まれなければいけない」と言われる。
神様に「断るとどうなるの?」と聞いたところ、
他の誰かが「手が動かない身体で生まれなければならない」
手が動かない身体で生まれた人生での過程を全て見た後に
「私、やります。」

○障害は個性だ!

私はその先を伝えたいとおもう。
それでずっと考えているんですけどね(笑)

○本当のバリアフリーとは何か?

「障害者」という言葉に囚われていませんか?
「健常者」という言葉に囚われていませんか?

本当はバリアなんてないのよ(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック