核の時代、しかも『原子核』ではなく『細胞核』

京都大学 iPS細胞研究センター
山中伸弥センター長 ロベルト・コッホ賞 授賞
2008年11月16日 こんなニュースが流れた。。。

iPS細胞のことは、文化放送『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』で11月10日に耳にしたばかりだ。
           岩手県ではIBCラジオ(AMラジオだ!)

私の耳に残った言葉、、、、『細胞核』 『PH(ポスト広島)』


日本人は『原子核』に依存しすぎだ!

原子核の時代ではない!

核といえば『原子核』ではなく『細胞核』だ!

今年2008年(AD2008年)は、PH63年。。。。。

PH=ポスト広島

キリストからではなく、広島の翌年から数える年号。。。。

私も、この本を読んでみよう!

医学書なので難しいらしいが、、、

途中からiPS細胞の話になると面白くなるらしい。

画像


『iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 』
発行所:平凡社新書 431 (新書)
著:八代 嘉美 (やしろいつみ)
価格: ¥ 693 (税込)

http://www.joqr.co.jp/bbqr/others.php#pagetop
文化放送インターネットラジオ
『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』

毎週月曜日更新
Update 11/17 TIME 28:47

更新される前に聞いてください!!

録音できるのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック