福島原発事故 政府は「隠すな」「うそをつくな」「過小評価するな」の原則を徹底すべき

http://amanakuni.net/
念のため、以下に転載しておきました。
上記URLからは、リンクが貼られていますので、詳細は上記URLから。


今回改めてはっきりしたように、日本のような地震大国に原発は危険すぎます!
これを機に原子力推進をやめ自然エネルギー中心に政策の転換をすることを求めます!
政府は「隠すな」「うそをつくな」「過小評価するな」の原則を徹底すべきだ。

11.03.16★ 在日外国人の日本脱出が続いていることがマスコミでも報道されていますが、AFP通信3.15によると、ロシアは原発からの核物質の危険が悪化した場合、千島列島とサハリンから兵士や民間人を避難させる準備ができたと発表したそうです。

11.03.16★ 文部科学省がこれまで放射線測定データを隠蔽しようとしていたのがばれて批判を浴び、やっと県別のデータを公開しています。それを見ると予想どおり岩手県と関東地方で過去の平常値より高くなっています。(3.14 am9~3.15 pm5のデータ/茨城県のみ3.15 am7~pm7)率直ですばやい情報公開が信頼を得るのになにより大切です。→データは Yahoo!、 文部科学省

11.03.16★ 同じく時事ドットコム3.16「レベル7到達の恐れ=福島原発事故ー米シンクタンク」米シンクタンクISISは15日に声明を出し、福島第一原発事故の状況が国際原子力事故評価尺度で2番目に深刻なレベル6に近く、最悪のレベル7に達する可能性もあるという見方を示した。*スリーマイルがレベル5,チェルノブイリがレベル7 なお保安院は暫定値としてレベル4と発表している。*下の15日のところでも紹介したように仏原子力安全機関はレベル6に相当すると発表している。(日経3.15)

11.03.16★ 時事ドットコム3.16「安全性への疑問、40年前から=福島原発の原子炉ー米紙」ニューヨークタイムズ3.15付けによると,福島第一原発などで使われてるのは米GE社が開発したマーク1と呼ばれる沸騰水型原子炉で、格納容器が小さく水素がたまって爆発した場合に損傷しやすいとして米原子力委員会が72年に問題視していた。また80年代半ばにも原子力規制委員会の専門家が事故の危険性が高いと主張。マーク1型は現在主流の加圧水型よりも設備が小さく建設費が安いことが利点とされた。

11.03.16★ 日経3.15記事「米、原発推進に慎重論 16日に公聴会」によると、米ウォール・ストリート・ジャーナルは規制当局「原子力安全・保安院」は海外への原発売り込みに力を入れている経済産業省の一部であると説明。原子力行政の担当部門が原子力規制委員会(規制担当)とエネルギー省(振興担当)に分割されている米国と比較した。またニューヨーク・タイムズは「当局者に近い業界幹部は当局が炉心溶融をほとんど制御できなくなりつつあるということに強い懸念を示している」と問題がより深刻だったと強調した。CNNテレビも「繰り返されたウソ」「ごまかしの歴史」などのテロップをかかげ、「政府が信用を失うと混乱が広がる」などの専門家のコメントを紹介した。海外メディアの方がまともです。

11.03.16★ 副島隆彦の学問道場というサイトの「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」で副島氏が、「どうやら天皇陛下は京都にお移りになったようである。」「アメリカ大使館はすでに,早く11日の時点で都心の機能を横田基地に移している。横田の巨大な米空軍の基地から、大型輸送機でどんどん逃げ出すだろう」と書いています。以前から天皇や皇族が東京を離れたらやばい証拠と言われてきましたが‥‥。

11.03.16★ DAYS JAPAN 編集長の広河隆一さんが原発周辺での放射線測定を行いながら移動しています。ブログではその測定値のほか、現地がいまどんな状況かが報告され,それをもとに避難指示範囲の拡大を求めています。こういうレポートはマスコミでは見ることが出来ないでしょう。さすがチェルノブイリやパレスチナを長年取材されてきたジャーナリストです! たしかに今の避難範囲の最低10倍は必要だと思われます。後手後手に回る政府を信用していたら手遅れになりかねません。

11.03.16★ 推進側の立場の人しか出てなかったTVの解説に、たったいま原子力資料情報室の伴さんが出ているのを発見(毎日放送)! 昨日は京大原子炉研究所の小出さんもちらっとですが出ていました。TVの報道が変わってきてるとしたらいい兆候です。マスコミには国民に正確な情報を伝える責任があります。

11.03.16★ 「福島県知事が国へ緊急要請」佐藤知事が政府に対し、県内での避難が限界に達しているとして県外の避難先・移動手段・避難後の生活の確保を要求し、TVを通じて県民および国民に発信しました。被災者に対する菅政権の対応が全く不十分であることを露呈したものと言えます。後手後手にまわる対応に対し、海外から、また被災者からはすでに厳しい声が聞かれていましたが、自治体首長がはっきり要求したのは初めてと思われます。それだけひどい状況になっていることが読み取れます。

11.03.15★ さきほど富士山で震度6強M6の地震がありました。防災化学技術研究所では Hi-net という高度地震観測網があり、地震に関するいろんな情報が見られます。東北の大地震による停電などで止まっていましたが、今日から暫定公開しています。それを見ると東北の地震以来、東京湾岸や長野、新潟、そして今回の富士山と,連続して比較的大きな地震が続いていることがわかります。東海地震が近い前兆かもしれません。一刻も早く浜岡原発を止めておきたいものです。再掲しますが「浜岡原発、即座、無条件停止の緊急の申し入れ」への賛同が呼びかけられており、締め切りは17日朝7時までです。→プラムフィールド 世界中からの賛同を待っているそうです。

11.03.15★ 「日本の原子力、最期かも」安斎育郎立命館大名誉教授(放射線防護学)の話 今回の事態で、日本の原子力開発は最期を迎えるかもしれないとまで思っている。極めて由々しい事態。放射性物質がどれだけ出るかは分からないが、政府は「隠すな」「うそをつくな」「過小評価するな」の原則を徹底すべきだ。→日刊スポーツ

11.03.15★ 上関原発建設に向けた準備工事を進めていた中国電力は、工事の一時中断を決めたとのことです。→NHKニュース 山口県知事は、「当然の判断であるが、かなり時間のかかる中断だと考えている。今後、事故の原因が究明されていくなかで、国の考え方を聞いたうえで、県としての対応を判断したい」と話したそうです。

11.03.15★ 日本では(TVなどで)まだ終わりが見えないのに今回の原発事故は国際基準のレベル4だと繰り返し言ってますが、ロイター通信3.15によるとフランス原子力安全当局はレベル6に該当する可能性があるとの見解を明らかにしたとのこと。レベル5はスリーマイル原発事故、7がチェルノブイリ原発事故です。またしても日本の気休め体質・ボケぶりが証明されそうです。日本経済新聞

11.03.15★ 宮崎日日新聞3.14付けによると、串間市で原発立地を問う住民投票(4.10に予定されていた)が見送られることになったそうです。串間市市長が市議会全員協議会で発表。ただ「事故の原因究明や今後の国のエネルギー政策を見極めたい」として今後のことは明言を避けた。

11.03.15★ 昨日も紹介したニューヨークタイムス・アジア太平洋版の3.14付けでは福島原発第一をはじめ仙台、女川、石巻、他多数の航空写真が載っています。それも震災前と震災後のものがほぼ同じ角度で見られ、また真ん中のバーをマウスで動かすことで、前と後の写真を重ねられます。

11.03.15★ 今月26日・27日にはいわき市で「ふくしま原発40年とわたしたちの未来」(ハイロアクション主催)というイベントが予定されていました。長年福島県の脱原発運動をリードしてきたいわき市議佐藤かずよしさんのブログでは今現地がどうなってるかが読めます。

11.03.15★ 原子力教育を考える会の「よくわかる原子力」というサイトがあります。「放射線とは」「原子力発電の原理」といった基礎編から用語解説、放射線の健康影響、過去の事故、なぜ原発は推進されるのか、そしてヨウ素剤Q&A、といったページがあって詳しく解説されています。

11.03.15★ かなり前に名前のない新聞でインタビューしたことのある平井憲一さんの文章「原発がどんなものか知ってほしい」が読めます。20年間 原発で働き,ご自身が被曝障害をうけて原発被曝労働者救済センターを設立されましたが1997年に肺がんで亡くなられました。原発は絶対安心!の言葉がいかに欺瞞に満ちたものかが明らかにされ、また現場の作業員の方の気持ちが少しはわかるかもしれません。

11.03.15★ 政府発表で放射性物質の値が今までの1000倍単位にはねあがりました。まだ20kmとか30km の範囲の避難・待避を言ってますが、こうなると200~300kmにある首都圏・関東地方全域も真剣に避難を考えるべきかと思われます。特に雨には絶対あたらないよう注意してください。11:50現在の現地の風向きは東→西だそうです。

(続報 13:00)福島原発から南の茨城県東海村での線量計で一時数値があがったというニュースはマスコミでも報道されていますが、米軍基地があって原潜などが来るためモニタリングセンターがある横須賀港で今朝方線量計が振り切れる程の高い数値がしめされたとのことです。 また反原発掲示板で報告されているところでは都内杉並区では今のところ通常値だが日野市で異常値が検出されたとのことです。こちらが見やすいかも→東日本非公式モニタリングポストマップ

11.03.15★ 被曝すると健康にどういう影響があるのか、ヨウ素の服用にどんな効果があるのかなどをまとめたページです。「日本人は知ってはならない。ないしょの話。」

11.03.15★ 東北地方南部のいま現在の風向と風速マップ。動画で表示させることもでき、風向がしょっちゅう変わっていることがわかります。なお本日15日の福島県の天気予報は曇りのち夜になって雨だそうです。雨には放射性物質が吸着して落ちてくる可能性がありますので、決して雨には濡れないようにご注意ください。これまで福島原発から北東にある女川原発や洋上の米空母で放射性物質が検出されていますが、距離は約100~160kmでした。一方南西にある東京までの距離は約220km。風向によって東京周辺に来たとしてもまったく不思議ではありません。福島原発からの距離を示すマップ。

11.03.15★ いま現在も福島原発でなんとか最悪の事態を避けようと身を挺して作業をされている方達には頭が下がりますが、これは2003年6月8日号のスペインの新聞「エル・ムンド」に載った記事で、被曝労働者を長年追っているフォトジャーナリストの樋口健二さんにインタビューして構成されたもののようです。原発の問題に興味が出た方にはぜひ一読してほしい内容です。「調査報告/原子力発電所における秘密~日本の原発奴隷」 訳責:美浜の会のHPに載っています。同HPでは 使用済み燃料貯蔵プールの危険性についても詳しく解説してあります。

11.03.15★ 少し古い情報ですが、日本共産党が出している「しんぶん赤旗」2007.9.16によると、東京電力の役員17人が自民党の政治資金団体に多額の献金をしていたそうです。企業としては献金できないため、会長と社長、そして6人いる副社長の全員が献金を行っていた。一方、東京電力による原発の安全性にかかわる検査データの改ざんなどの不正は233件に及んでおり、中には原子炉で重大事故が起きた時に作動するポンプが故障していたのに、検査時には正常に見せかけて検査官をごまかすという重大な不正もあったとのこと。2007年は自民党政権でしたが,民主党政権の今はやっぱり民主党に献金してるんでしょうか。(反原発掲示板より)

11.03.15★ 原発建屋が水素爆発で吹き飛んだ1号炉と3号炉には使用済み燃料の貯蔵プールがあったので、爆風を浴びて超高レベルの放射性物質が上空に放出された疑いが濃厚です。証拠は→原子炉建屋概略断面図(福島県原子力広報協会サイトより)しかもこのプールにはフタがないという話があり、さらに最悪なことに3号炉ではプルトニウム(MOX燃料)を使用! リソースは反原発掲示板より。

11.03.15★ スイスのマスコミ報道を日本語で紹介しているサイト「SWISSINFO.CH」があります。その3.13付け「プレス・レビュー、地震の大災害に次いで放射能被曝の恐怖」という記事では、ジュネーブ大学教授が「日本政府は放射能被曝の危険性を低レベルに公表しているが、半径20キロ圏外に住民を避難させた事実は、原発をうまく制御できていない証拠だ」と指摘する。また福島第一原発の事故を受け、左派の政党が新しい原発計画を直ちに凍結すべきだとか既存の原発の使用に制限を加えるよう要求しているほか、これまで最も原発を擁護していた側も「まるで何も起こらなかったように振る舞うことはもうできない。核エネルギーの危険性を再検討し、もしそれが非常に高いという結論に達するのなら、スイスの新しい原発建設は辞めるべきだろう」と結論づけているという。

11.03.14★ 昨日のニューヨークタイムス・アジア太平洋版では、「Radioactive Releases in Japan Could Last Months, Experts Say(日本での放射能放出は数ヶ月に及ぶかもしれないと専門家)」 というタイトルの記事が載っています。東電や保安院・政府はそう思っていても決して言わないでしょうね。

11.03.14★ (19:25)これから原子力資料情報室による記者会見がはじまるようです。→こちら
これを録画ファイルとして見られます。約1:40 →こちら 明日もpm7:00ころからやるようです。

11.03.14★ 昨日のところで紹介しましたが、DAYS JAPANの広河隆一さんとJVJA(フリーのフォトジャーナリスト達でつくる日本ビジュアルジャーナリスト協会)の人たちが福島県発周辺に入っています。計測の結果や現地での問題点などを、見づらいですがこちらから動画でレポートしています。

11.03.14★ 日経新聞の報道によると、山口県知事は今回の福島原発事故をふまえて上関原発の建設準備工事を当面見合わせるように中国電力に要請したとのことです。知事は原発の安全性全般について「検証する必要がある。県民の不安は今回の件で高まっている」と述べたそうですが、これまでの山口県のことを考えると白紙撤回となるまでは安心できません。

11.03.14★ 福島原発1-3の事故についての原子量資料情報室のコメント・解説がユーストリームで見られます。→こちらから。プルトニウム燃料の場合どうなるかなど、TVでは決して聞けない内容です。

11.03.14★ 東北地方の炊き出しマップです。緊急避難場所、給水場所、携帯の充電可能場所などもあります。これは官製・公式のものではなく自主的につくられたもので,今後追加や削除があると思われます。また登録数が増えていることに伴い,今後は県別のマップになるそうですが、そのリンクも上記マップからわかります。

11.03.14★ 関東~東北にかけて明日は曇りのち雨または雪の予報です。「黒い雨」と呼ばれるように放射能は雨に濃縮されて降ってくるそうなので、用心して雨には当たらないように注意した方がいいと思われます。

11.03.14★ 浜岡原子力発電所の運転の停止を願う要望書(中部電力と静岡県知事あてに17日提出予定)への賛同のお願いが来ています。(詳細は上記リンクからご覧ください)

11.03.14★ 午前11:01ころ福島原発1-3で水素爆発が起きました。1-1の爆発よりも規模が大きい印象です。一番問題なのは1-3がMOX燃料つまりプルトニウムを使っていることです。TVでは1-3の爆発は予測されていたこととのんびりしたことを言ってますが、最悪レベルの毒物であり「地獄の王」と称されるプルトニウムが環境中に放出されたのかどうか非常に気になります。その上、沖合にはまた大きな津波が迫っているようです。

1-3では給水作業が続けられていたとのことなので、命をはって作業されていた作業員の安全が心配です。(その後、負傷者,行方不明者が出ていると報道されてます)また東電は11:30ころには格納容器は無事と発表していますが、そんなにすぐにわかるのか、これまでの気休め・隠蔽体質を考えると信用できない印象です。なお風向きは南から北ということなのですし変わりやすいので、仙台方面も東京方面も用心すべきと思います。20km圏内の人には避難ではなく屋内への待避が勧告されたそうですが、もっと離れている人もそうした方がいいと思います。事故の後の避難勧告・指示は2km→3km→10km→20kmところころ変わりました。政府・マスコミ発表には眉につばをつけて聞き、その裏を読み取って行動する必要があります。

11.03.14★ 今日も19:30~21:30の予定で原子力資料情報室による記者会見がUSTREAMで見られます。

11.03.14★ 2日前のデータしか載ってませんが、福島第一・第二原発周辺の放射線量を表示しているサイトを見つけました。でもほんとかどうか。全国の放射線モニタのリンクページ。

11.03.14★ 在日フランス大使館は13日、東京とその周辺に住むフランス人に対し、数日間は関東地方を離れることを勧告したそうです。→こちら 在日仏大使館のサイト(仏語)

11.03.13★ 各地で原発を止めるよう求める動きが活発化しています。明日14日には中部電力に,浜岡原発を即座・無条件停止の申し入れ、15日には関西電力への申し入れ行動が予定されており、参加が呼びかけられています。→イベント情報BBS

11.03.13★ DAYS JAPANの広河隆一さんとJVJA(日本ビジュアルジャーナリスト協会)の人たちが福島原発周辺で放射能測定をしているそうです。双葉町厚生病院や双葉町役場玄関付近では3台のガイガーカウンターの針が1000マイクロシーベルトの数値を振り切り、かなり危険な状態だとのことです。→JVJAのツイッター

11.03.13★ 昨日につづき、今日の午後5時より原子力資料情報室による記者会見がustream中継されます。詳細はこちら。

上記動画を録画したものがこちらから見られます。生中継は画像や音が切れ切れになって非常に見づらかったので、録画で見る方がわかりやすいと思います。

BBC NEWS には福島原発周辺で防護マスクをつけて住民避難にあたっている警官の写真がのっています。(英語ですが)またこの避難状況についてはYOMIURI ONLINEに詳しく報道されています。 BBC NEWSの一部・気になる部分をあげると:「核産業からの情報の透明性は低い。東京電力自体、過去何回にも及び情報の操作や隠蔽をしてきた。」「これほど地殻変動が活発な日本の東海岸に原発を建設することの判断が問われる。 」なおasahi.comによると「米空母、宮城沖に到着 原発懸念か、へり救助活動は中止」、一方でロシアと韓国が放射線測定を強化したという報道もあります。 外国人の方が福島原発事故について深刻にとらえているようです。TVで気休めばかり言う原発推進解説者は即クビにして代わりに原子力資料情報室の人に出てもらいたいものです。

11.03.13★ 今日のことですが~東北地方太平洋沖地震・支援イベント~『今、僕たちにできること』というイベントが午後1時より開かれます。神戸元気村のバウさん、てんつくマン、田中優、まーちゃん他のトーク有り。入場無料・カンパ制。詳しくはこちら。

11.03.13★ 現在午前2:30ですがユーストリームで保安院の会見を流しています。TVではなぜか放映してないそうです。聞き取りづらい上に話の内容がひどすぎるせいかというコメントがあります。‥‥確かに。

(続報 3:00)けっきょく保安院側がちゃんと答えられないのに対し、記者側からきちんと答えられる人に来てもらって再開しましょうということで終わりました。約1万人の視聴者有り。こんな保安院は解散すべきですね。税金どろぼー!と言われても言い返せないと思います。

11.03.13★ お知らせBBSに美浜の会の声明とチェルノブイリ救援・中部の河田さんからのメールを載せました。

11.03.12★ TVに出てくる解説者は原発推進側の立場の人たちばかりでうんざりしてましたが、今夜8時からユーストリームで原子力資料情報室と自由報道協会による共同会見があるそうです。→こちらから。

(続報 23:30)上の動画が過去のライブとして見られます。→こちらから。なぜ圧力容器内の水が減っていって炉心がでてしまうのか、考えられる爆発の原因、海水注入の意味と危険性などについて原子炉の元設計者など専門家が何人も出席してTVの解説よりもずっと納得できる深い内容でした。また明日もやるという情報もあります。

ところで最初のうちは官房長官会見も意外と正直にすばやく対応している好印象があり、このままいけば民主党の株も上がるのかもと思いましたが、途中から隠蔽・言い訳の今までのような印象に変わりました。それと同じくマスコミ(TV)報道も上からの圧力がかかったのか歯切れ悪くなり、マスコミの使命を忘れたかのような報道です。その中ではTBSが少しましという情報があり、TBSユーストでネットでも見られるようです。

11.03.12★ 福島原発事故についてはTVでも常時流すようになったので(それだけ深刻な事態ということです)TVで流れている情報は今後はここに載せないことにします。風向きの情報もTVでしょっちゅう流してます。それ以外の大事な情報ということで、まず 京大の原子炉研究所の小出先生からのメール(関西ストップ六カ所MLに流れた情報)をお知らせBBSに転載しました。

11.03.12★ いよいよ福島原発1-1でメルトダウンが始まったようです。セシウムやヨウ素が検出され、保安院が午後2時過ぎに「原子炉内の燃料の溶融が進んでいる可能性が高い」と発表。asahi.com  つまり1979年3月28日に起きたスリーマイル原発事故と同じ溶融=メルトダウンです。まだ避難は10km以内でいいと言っていますが、これまでのこと(過小評価、気休め、言い訳、隠蔽、ごまかし体質)を考えると彼らの言葉を信じるお人好しは命を失うことになりかねません。風向きによっては関東地方でも危ないかもしれません。また福島第二原発でも3号機が原子炉停止に成功(この3号機がはじめて)と伝えられていますので、3号機以外でもメルトダウンが起きる可能性があります。風向きに注意を払い続けてください。

なおチェルノブイリ原発事故では甲状腺ガンなど甲状腺の異常が多発しました。そのための対策は放射能を帯びていないヨウ素を前もって体内に取り入れておくことです。もしあればヨウ素剤、それがなければトロロ昆布を多めに食べるといいそうです。(トロロ昆布はそのままではなくお吸いものなどにして)

(続報 16:50)TVニュースによると、福島県警からの情報で、福島第一原発で爆発音がきこえ煙が発生しているとのこと。「爆砕弁」使い内圧下げた可能性、と画面に表示されています。別のチャンネルのニュースでは3:30頃のとのことで、作業員数名が負傷したそうです。解説者(原発推進の立場の人でしょうね)は気休めを言ってますが、注視しましょう。これが水蒸気爆発ならチェルノブイリと同じです。

(続々報 18:00)午後5時からの保安院発表が遅れて、これは何かあるなと思っていたところで官房長官会見。しかし原子炉の爆発かどうか確認できていないというようななんともあいまいな話し。それなのに第二原発でもこれまで3km の避難指示だったのを10kmに拡大するとかヨードの話が出るなど、かなりやばい印象です。別の報道では原子炉建屋が崩落したとか原子炉を冷やすために来ていた給水車が撤退した、原発敷地境界で高い放射線検出などのニュースもあります。もし国が把握しているのに隠している事実があるとしたら、国民・とりわけ周辺住民への裏切り行為、犯罪行為と言えるでしょう。革命の起きたアラブ諸国と日本はちがうと思いたいものです。

(続々々報 19:10)福島原発1-1での爆発についてまだ明確な発表がありません。もし嘘ではなく本当にまだ確認できないということは、おそらくあたり一帯の放射能の数値が高すぎて近づけないということだと思われます。東北・関東方面の人は逃げる準備を。また水や生鮮野菜が汚染されることも考えて水・食料(とろろ昆布も!)の準備をすることをお勧めします。

11.03.12★ 昨夜遅くの福島県対策本部の情報では、福島原発のトラブルは今日午前1:30頃には復旧の見通しとなっていましたが、いま午前2時を過ぎても避難指示が出たままです。すでに電源車は現場に着き接続作業をやっているはずですが‥‥。一方、自衛隊の化学防護部隊も到着しているとのこと。なお環境防災Nネットの原発周辺環境モニタリングデータのサイトでは、なぜだか東北~北海道の原発データはすべて「調整中」となっていてデータが示されていません。今回は国内最大規模の地震だそうですが、「想定外だったからしかたない」ではすみません。地震大国・日本に原発は危険すぎないでしょうか。
(続報 2:15)2:05発のNHKニュースによると、「東京電力によりますと、福島県にある福島第一原子力発電所1号機で、原子炉が入った格納容器内の圧力を示す計器の値が上昇しており、この値が正しければ、格納容器が壊れる可能性もあるとして、12日午前0時49分、緊急事態を知らせる通報を国に行いました。東京電力では、格納容器内の圧力を下げるために、放射性物質を含む容器内の空気を外部に放出するかどうか検討しています。」いよいよです。
(続々報 13:30)夜が明けて被害の大きさに絶句してしまいます。今月26,27日に「ふくしま原発40年とわたしたちの未来」というイベント(チラシを名前のない新聞3月号に折り込みました)を準備していたハイロアクションの人たちは無事でしょうか。地震で怖いのは二次災害(津波もある意味そうですが)が直接の被害の何倍何十倍と広がることです。特に原発事故は人災なので止められたはずで、「想定外」の弁は言い訳にすぎません。こういった非常事態に誰がどんな発言をして、どのマスコミがどう報道していたかをしっかり憶えておきましょう。この時間になっても放射能漏れがおさまるどころか広がっていく傾向にあることが心配です。

11.03.11★ 宮城県の女川原発でもタービンビルで火災が発生して消火中とか女川2号機の原子炉建屋で燃料プールの水が床にあふれたというニュースが伝えられています。(共同通信)

11.03.11★ TVやマスコミ系のネットニュースではまだ出てないようですが、福島原発で冷却ポンプ作動せず住民の避難指示が出されたというニュースがMLで流れています。ちょっと前には官房長官談で避難の必要無しとしていましたが、いったい何なんでしょう。福島原発に近い方はすぐ風上に逃げた方がよさそうです。
(続報)現在予備バッテリで冷却しているが午後10時には切れ、派遣された電源車がまだ来てない(?)とのことで、県知事が原発から半径2km以内の住民に避難指示を出したというニュースが民放TVで流れています。そのまま冷却できなければ炉心溶融=メルトダウンという最悪の事態が予想されます。ウィーンにあるIAEAでも国際緊急センターを立ち上げてモニタリングを始めたそうです。
(続々報 21:55)いま官房長官会見で半径3km以内の住民に避難指示、3~10kmの住民には屋内での待機指示が出されたそうです。いまのところは放射能漏れはないと言ってますが、これまでの隠蔽常習体質を考えるとかなり深刻な状況のような思われます。原発風下の方は3km以上でも即逃げ出した方がいいと思われます。自然災害である地震が起きるのは止められなくても原発事故のような二次災害は人災です。これを機に原発政策にストップがかかることを願います。

11.03.11★ 今日の午後起きた東北・関東地方の大地震により福島第一原発で原子力緊急事態宣言が出されたようです(NHKニュース)。いくら原子炉自体が安全だといっても地震で原子炉を冷やすための非常用電源が使用不能になったり配管が損傷する可能性は何十年も前から指摘されていました。もしこれが大事故になった場合(メルトダウンの可能性も言われています)はその危険性を長年放置した原子力産業と国の責任が厳しく追及されるでしょう。

11.03.09★ TPPを考える国民会議の代表となった82才の経済学者・宇沢弘文が語る「TPP」の動画がお勧めです。文章ではこちらから読めます。農協新聞より、上、下 また自民党国会議員が語る「TPPアメリカの真の狙いは!?」もとてもわかりやすくてお勧め! 自民党議員の話がお勧めというのも変な時代になったものです。

11.03.08★ 名前のない新聞3月号がやっとできました。その中からいま話題のTPPについての岩瀬さんの原稿を読めるようにしました。ぜひご覧ください。

11.03.05★ 3月8日に東京で「生物多様性のホットスポット 上関の海を守ろう!緊急集会」が開かれます。詳細はイベント情報BBSをご覧ください。

11.03.05★ 3月4日のUSTREAMの記録はこちらから見られます。→上関原発緊急院内集会

11.03.04★ いま衆議院第1議員会館で「中国電力による上関原発の工事強行を止めるための緊急集会」を開催中でUSTREAMで生中継中です。広い会議室がぎっしり満員になっています。あとでも録画を見られると思いますのでご覧ください。

11.03.03★ 上関町は実は中電町だったそうです。「県警が公認した選挙違反~中電の上関町買収構図」今はちがうと言える人がいたらお目にかかりたいものです。

11.03.02★ 日本自然保護協会が田ノ浦の海域は、希少種・絶滅危惧種が数多く生息し、瀬戸内海で最後に残された生物多様性のホットスポット、「奇跡の海」と評される場所であるとして「上関原子力発電所の強引な工事に抗議し、建設中止を求める緊急声明」を出した。

11.03.02★ 名前のない新聞3月号は印刷中です。予定通り入稿しましたが印刷屋が混んでいていつもの倍くらいの日数がかかりそうで、今週末にできあがるとのことです。なお今回の表紙はイラストではなく1月に山口県庁前で若者達がハンストをした時の写真を載せました。→こちらから

11.03.01★ いまの日本でこういうことが私たちの生活と同時進行で起こっています。2月21日以降に田ノ浦で起きたことをまとめた動画「上関原発 29年の歴史に刻む大強行 2011.2.21~」がスナメリチャンネルで見られます。この情報を広めてください。

11.02.26★ 田ノ浦・現地に来れる人は来てくださいという呼びかけと具体的な行き方・注意などをお知らせBBSに載せました。また次のページで海上保安庁の船が祝島の船にぶつかってきた時の映像が見られます。海保は中国電力の傭兵部隊なのでしょうか。尖閣諸島の事件のように事実を隠すことはできません。ネットで広めましょう。

11.02.26★ 虹のカヤック隊のブログで上関の最新情報がわかります。23日には祝島の女性ともう一人の男性が負傷したそうです。マスコミが全く信用出来ない今、自分のブログやツィッター、口コミで上関で何が起きているかの情報を広めましょう。youtubeのスナメリチャンネルでもこの間の動画が見られます。

11.02.26★ リビアやニュージーランド等遠い世界のことは一日中流しているマスコミがなぜ上関で毎日起きていることを報道しないのか、上関原発の環境アセスと地質調査をしてる会社はなんと中国電力の子会社だった!、社民党が国会で上関沖合での海保の活動について言質を引き出した、などの情報はこちらから。

11.02.24★ 田ノ浦では連日のように作業員がやってきて祝島島民や市民たち抗議のメンバーが止めている状況です。現地に行ける人は食料・寝袋・テントを持参して田ノ浦へ行こう!と呼びかけられています。また現地に行けない人でもやれることがあります。例えばマスコミや国会議員に電話したり、また今月末締め切りで国・県・中電相手の抗議文への緊急賛同要請があります。詳しくは→お知らせBBS

11.02.21★ 田ノ浦発、本日未明2時ころから300人以上の作業員・警備員、海上には数十隻の船が集まり、資材を運び込んでいるそうです。写真1 写真2 ユーストリーム中継(虹のカヤック隊ブログ)

11.02.20★ 上関原発予定地・田ノ浦で21日に中電が大規模な動員で工事を強行しようとしており、緊急の呼びかけがあります。詳細はイベント情報BBS をご覧下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

JermalemA
2013年09月08日 16:36


www.icamtech.net

この記事へのトラックバック