福島原発事故 専門家の生の声(録音)京都三条ラジオカフェ原発事故特番(2011/3/14)

青森県保険医協会のML[housya2006]からいただいた情報

京都三条ラジオカフェ原発事故特番(2011/3/14)
再放送(録音)

京都大学の小出先生などが電話による出演をしています。

・・・・・

福島原発は、非常用ディーゼル発電機はひとつも動いていない。
冷却水は、消防車で水を送っている。

原子炉の燃料棒が露出しているということは、水の供給は間にあっていない。
水を送っているのに減っている状態だ。

送る水は、放射能を帯びていないが、一度原子炉に入った海水は放射能を帯びている。
原子炉に、送ったはずの水が溜まらずに減っているということは、放射能を帯びた海水が
流出しているということだ。

風下にいる人を優先的に、逃がすのがいい。
格納容器が壊れていないうちはいいが「格納容器が壊れたよ」と言われる前に逃げること。

・・・・・

(前半) http://www.ustream.tv/recorded/13319204

(後半) http://www.ustream.tv/recorded/13319515


3/14(第4回)福島原発に関するCNIC記者会見
http://www.ustream.tv/channel/cnic-news
日時:2011年3月14日19:30-20:30
Time: 2011 Mar 14 19:30 - 20:30 (Japan time)

発言(予定):
上澤 千尋(原子力資料情報室・原子力安全問題担当)
Chihiro Kamisawa, Senior Researcher, CNIC
後藤 政志(東芝・元原子炉格納容器設計者)
Masashi Goto, Former Toshiba Nuclear Power Plant Designer
伴  英幸(原子力資料情報室・共同代表)
Hideyuki Ban, Secretary General, CNIC

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック