福島原発さんごめんなさい。 今までありがとう。

東北・関東大震災で被災した、気仙沼の友人から、、、

 夕べ、何を祈ろうか?と思い心に浮かんだ事は、やはり「福島原発」の事でした。

「放射能漏れが止まりますように!」ではなく、原発の気持ちになってみよう。

今まで私たちの便利快適という欲を満たす為に自分の身を熱く熱くして休みなく電気を作ってくれたけど辛かったんではないかと?辛くて、辛くてもう限界でこの気持ちを解ってくれ~と、とうとう爆発してしまったんではないかと・・・。

だからまず、私たちが「ごめんなさい」と謝るべきじゃあないかな?

そして、私たちのあまりに便利快適を求める気持ちを改めて必要最小限の生活をしますと約束し、「今まで本当にありがとうございます。」と祈ろうと思いました。

その時、少し小さな地震が来ました。

あ!地球が喜んでくれた!と直感で感じました。

明日この事をみんなに伝えよう!
そしてみんなで言葉に出して「原発さんごめんなさい。今までありがとうございました」と言ったら、
もしかして許してくれるかもしれないと思いました。
言葉はエネルギー、エネルギーは現実を創ると聞きました。

みんなで力を合わせて、思いやり、分かち愛、許し愛の本当の意味の幸せな未来を創って行きましょう!


PS 長崎で被爆した80名の病院の患者と職員が全員玄米自然食をしていて原爆から守られ、発病しなかったという実例があったそうです。玄米には毒素を流し毒物に対して反射的に防衛するガンマーオリザノールがあるそうです。「家庭でできる自然療法」 東城百合子 著より
是非玄米を食べましょう!梅干しの黒焼き、古い味噌も少しづつ摂るのもいいそうです。子供たちや若い人たちを優先に放射能からまもりましょう。

宮城県気仙沼市 高橋玲子46歳 主婦

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック