福島原発事故関連 色んな出来事から推定

伽菜父ちゃんです。

変な想像力が働いて止まりません。

ごめんなさい。
みなさん注意して、以下の書き込みを読んでみてください。

<<こんな推定をしてみました>>
 風評被害は、首都圏に住む人のため(というより政治・経済の要人への気配りのため)に行われているのか。放射性物質が付着した物が首都圏に入らないよう、首都圏に出荷される食料品に風評被害を起こさせる。地方で自家消費される物の測定結果が公表されない(測定もしていない)のは差別だ。平等に測定して公表すべきだ。

<<こんな推定をしてみました>>
 空中に漂うチリに放射性物質が付着して運ばれる。雨や雪が降るとホットスポット(濃い地域)が生まれる理由だ。煙草での癌の発生率は喫煙者より非喫煙者に副流煙が影響すると言われるが、空中に漂う煙に放射性物質が付着して肺に運ばれるためと思われる。癌は煙草の成分の影響より内部被曝の要因という研究結果と一致する。

<<こんな推定をしてみました>>
 原子力産業(東芝、三菱重工業、日立製作所)では、アメリカの原子力企業などの買収や企業統合などを進め、日本の企業だけで他国の支援を受けずに原発を作れるように取り組んできた。東北関東大震災から福島原発事故による世界初の原発震災を受けて、アメリカは老朽化した原発は廃炉にすると宣言し、その代替えは「原発」ではなく「自然エネルギー(太陽光、風力、水力、波力、地熱、バイオ発電、R水素など)に転換するとかじ取りすることで、世界の流れを変えて行くきっかけを示すだろう。方向が180度反転したことで、原子力企業を傘下に収めてきた日本は、電力後進国とのレッテルを貼られ、電力先進国というのは思い込みだったことに気づくのだ。
 他国による原子力企業の手放しは、実は計画的に行われたのだ。そして、東北関東大震災さえ計画的に発生させた可能性も否定できない。それは「3.11」が「9.11」から180度ずれた時点に発生していることから想像してしまう。
http://jiten.biglobe.ne.jp/j/ce/ad/4e/8bab50741d25db7fb6a076e75eccee86.htm

<<こんなこと考えてみました>>
 電気事業連合会 会長による定例記者会見は今年も毎月10日~21日のあたりで開催されてきたのに、3月はまだ開催されないのはなぜなのか?毎年、年12回3月も開催されてきた。福島原発事故がある今だからこそ定例記者会見を開いて説明すべきだhttp://www.fepc.or.jp/

<<こんなこと考えてみました>>
 社団法人 日本原子力産業界『4月12日~開催予定の第44回年次大会(松山市)は、東北地方太平洋沖地震による影響を考慮し、開催を中止させていただきます』とあるが、中止は福島原発事故が理由ではないのか?http://www.jaif.or.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック