【原発震災】 オリーブの種

よく「思った通りの自分になる」とか「願えばかなう」とか言いますよね。

私は、それは当り前のことではないかと思うようになりました。

なぜなら、未来というのは「自分の未来」しかないのだからです。

明日も目が覚めたら、他人のではなく、やっぱり自分の朝が来るのだからです。

だからたぶん、未来は自分で作って行くものだと思うようになりました。

思った通りの未来が自分に訪れるのは当たり前。

願わないわけにはいきません。

不幸ではなく幸せな未来、危険ではなく安全な未来、不自然ではなく自然な未来、

自分の未来なのだから、、、



緊急放射能学習会「一関でも内部被ばくが…市民による放射能土壌・尿検査報告&学習会」

11月10日(木)18:30~報告及び講師:河内山耕さん

場所:一関市総合防災センター3階大会議室

主に、議員さん方に伝える会です。

多くの一般市民が参加することで「関心の高さ」を示したいものです。

一休みして、、、

11・3は、3・11の逆ですから幸せ記念日。

そして、9・11の逆の11・9までの7日間は、幸せ週間と決めました!!

(ちなみに、11・11の逆は、11・11ですから、この日を危険な日にしてしまったら逆はありません。

だから、11・11だけは何としても最初から「幸せ記念日」にしなければなりません!!)

さて、



幸せ週間(11・3~11・9)初日は、映画「チェルノブイリハート」を岩手県北上で観てきました。

心臓や他にいろんな障害を持って生まれてきて、、、という映画。。。

観た映画から何を学ぼうとするかは、観た人によると思います。

私は、この映画の中にある希望は何だろうと思って観ていました。

それは「オリーブの種」でした。

私にも、高2の息子がいて、孫はきっと障害を持って生まれてくるだろうなという(覚悟まではいかないもの)があります。

きっと、それはどうしようもないことだなと思うしかないと、、、

でも、今日の映画で、障害を持って生まれてきても、かわいい孫には変わりないと思えました。

それが、今日私が得た「オリーブの種」です。

私の住む岩手県一関市千厩町は、放射線量が、福島県いわき市や南相馬市と同じくらいあります。

0.2~0.5μSv/h

雨どいの下のスーパーホットスポットでは、1.5~6μSv/h

私の庭の土壌検査結果は、1771ベクレル/kg(セシウム134と137によるガンマ線測定結果)です。

少し、無力感が漂い始めていましたが、復興に向けて生きる種になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック