2013.3.11『第4の革命サミット岩手』in平泉

カール-A・フェヒュナー監督

2013年3月11日(月)平日で人数が見込めません。

参加と告知・宣伝をヨロシクお願いします!!

映画「第4の革命」監督をドイツから迎えて!自然エネルギー100%自立に向けて!
第4の革命サミット岩手 エネルギーの自立を、自らの手で!

【日時】2013年3月11日(月) 【開場】12:30~終了予定16:30
【会場】平泉文化遺産センター(平泉町平泉字花立44)0191-46-4012
【参加費:カンパ1口500円】一般:2口(1000円)以上、学生:1口(500円)

<第1部 エネルギー自立への未来ビジョン>
12:50~ご挨拶 鍋の会 菅原佐喜雄
【上映】13:00~(83分)映画『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』
【講演】14:30~(20分:通訳込み)「カール-A・フェヒュナー監督」トーク

<第2部 実践者からの報告>
・ご挨拶 ユナイテッドピープル代表 関根健次
【対談】14:50~『太陽建築研究所 井山武司×カール-A・フェヒュナー監督』

・会場からの声・質問などの時間を儲けます。
・サミット宣言をまとめます。

<<太陽建築研究所 井山武司さんから>>
菅原様 
お電話・お知らせ有難うございました。
ご期待に添えるよう準備をし頑張ります。

1つ 11日午前中は、平泉観光でなく建築家としての中尊寺の再調査です。以前視察した時に見た鞘堂は現在替えられているようですが、非常に重要な遺構でダブルエンベロープ  ダブルスキンと言ったエネルギーセーブ建築技術のさきがけになるものです。たとえば日本の伝統的醸造施設ではこのような技術を活用して醸造を行ってきていますが、これはこれからの日本の工業生産施設で最も有効な技術になると思っています。

ではお会いする時を楽しみに。
太陽建築研究所 井山武司

===昨年の上映会メッセージ(転載)===
2012年1月14日 映画『第4の革命』全国一斉上映会岩手代表 菅原佐喜雄

 岩手の会場は、世界遺産登録の「平泉(平泉文化遺産センター)」でした。岩手県南部(一関市・平泉・奥州市)は、世界初の原発震災(実は人災)を起こした福島第一原発によりホットスポットとなっており、環境省の認定する除染対象地域となって、汚染は、いわき市や南相馬市と変わらず、子供の尿検査、屋内のハウスダストの検査でも、福島と変わらない値が報告されています。
上映会は「放射能から子どもを守る岩手県南・宮城県北の会」「子どもたちの未来を考えよう平泉の会」による、放射能学習会も兼ねて開催しました。

 私は、今まで「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ監督)の上映会、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)講演会、「幸せの経済学」上映会(2回)とワークショップの開催などに関わってきました。2010年「一関・自然エネルギー100%自立キャンペーン」を提案しました。
(祝島で100%を達成してから始めたのでは遅いから一緒に動き出そう!と)

 3・11大震災~原発震災により、放射能汚染、測定、除染、食品汚染、内部被曝など、何をどうしたらいいのか先の見えない「暗闇の中を手さぐりで歩く」状態が続いてまいりました。

 今回の映画「第4の革命」は、一筋の光となりました。
暗闇に射す一筋の光です。

上映終了後に、主催者メッセージとしてこう話しました。「子どもたちは、映画からのメッセージを素直に受け止めます。子どもたちはきっと、ボク大人になったら電気自動車に乗るよ。ボク風車をつくる人になりたい」
「でも、大人たちはこう言います。主催者に向かって、いい映画でした。この映画は、子供や孫に見せたかった。菅原さんこれからも頑張ってください。応援しています」と、、、

 「映画の最後のメッセージを受け止めてください。人生の最後にゆっくり過ごしたいと思うかもしれませんが、何かを残して欲しいのです。それは、何か大それたことをして欲しいのではなく、この暗闇の中から光の射しているドアを見つけて、光につながるドアを開くというような、出来ることを始めるということです。出来ることを始めて欲しいのです。」と、、、

 私は「自然エネルギー100%自立キャンペーン」をやって行きます。
 飯田哲也さんにも言われました。
 「1年や2年で出来るはずがない、10年、20年かかるのだ。」と、、、言い続けます。どこかがきっとやってくれると思いますが、どこかがやった後で始めたら遅いのです。私は、すでにやっているところ、今からやるところと、同時・並行して切磋琢磨・刺激・励まし合いながら進めて行くのがいいと思います。

 今年は、ローカライゼーション元年になるのかもしれません。
 グローバル企業は、世界大恐慌の時のアメリカのようになるでしょう。
 生き残るのは、当時の日本のように、新しいことを始める体力を持っている(常日頃から補助金に頼らず、自力でやってきた)地場の中小・零細企業でしょう。魅力のある商品を持っていて、その商品や、作っている会社や、やっている人にファンが付いているところが生き残って行きます。ローカライゼーションで日本は生き残って行きます。

食とエネルギーの地産地消~地産外消を起こして行きましょう!!

参考リンク:
太陽建築研究所http://www.solarchis.jp/index.html
六ヶ所村ラプソディーhttp://www.g-gendai.co.jp/
内部被曝問題研究会http://acsir.org/index.php
里山生活学校http://satoyama.sunnyday.jp/
エネシフいわてhttp://enesif.blogspot.jp/
エネシフみやぎhttp://eneshif-miyagi.tumblr.com/
ママレボhttp://momsrevo.blogspot.jp/
日本の森バイオマスネットワークhttp://jfbn.org/
森と風のがっこうhttp://www.morikaze.org/
くずまき高原牧場http://www.kuzumaki.jp/index.php
カフェあいまきhttp://blog.goo.ne.jp/aimakiblog
やえはた自然農園http://yaehata.com/
抜き技ブログhttp://senmaya.at.webry.info/
『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』http://www.4revo.org/
ユナイテッドピープル http://www.unitedpeople.jp/
エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議 https://enekei.jp
自然電力株式会社 http://www.shizenenergy.net/
juwi自然電力 http://www.juwi-shizenenergy.com/
環境エネルギー政策研究所 http://www.isep.or.jp/
オルタナ http://www.alterna.co.jp/
地域エネルギー創発ネット http://www.machienergy.net/
greenz.jp http://greenz.jp/
GreenTV http://www.japangreen.tv/
Qセルズジャパン http://www.q-cells.jp/
国際平和映像祭 http://www.ufpff.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック