2013.3.11『第4の革命サミット 岩手』 エネルギーの自立を、自らの手で!

画像


画像


映画『第4の革命』監督をドイツから迎えて!
自然エネルギー100%自立に向けて踏み出す!!

第4の革命サミット 岩手 - エネルギーの自立を、自らの手で!

【日時】2013年3月11日(月) 【開場】12:30~終了(予定)16:30
【会場】平泉文化遺産センター  平泉町平泉字花立44番地
【参加費カンパ1口500円】一般:2口(1000円)以上、学生:1口(500円)
    
<第1部 エネルギー自立への未来ビジョン!>12:50~
・ご挨拶 鍋の会 菅原佐喜雄
          ・ドキュメンタリー映画上映ネットワーク一関 協同代表
          ・一関地球温暖化対策地域協議会 副会長
【上映】13:00~(83分)映画『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』
【講演】14:30~(20分:通訳込み)『カール-A. フェヒナー監督』トーク
   
<第2部 実践者からの報告>
・ご挨拶 ユナイテッドピープル代表 関根 健次
【対談】14:50~『太陽建築研究所 井山武司×カール-A. フェヒナー監督』
・会場からの声・質問などの時間を設けます
・サミット宣言をまとめます

主催:『六ヶ所村ラプソディー』岩手県南・宮城県北上映者の会(鍋の会)
共催:子どもたちの未来を考えよう平泉の会
    ドキュメンタリー映画上映ネットワーク一関
後援:一関市、平泉町、一関地球温暖化対策地域協議会、
   ひらいずみ地球温暖化対策協議会、緑の党いわて準備会
   里山生活学校、放射能から子どもを守る岩手県南・宮城県北の会、
   エネシフいわて、エネシフみやぎ
   岩手日報社、IBC岩手放送、岩手日日新聞社
賛同団体:三陸の海を放射能から守る岩手の会

【問合せ先】菅原佐喜雄(090-6222-8634) 遠藤セツ子(080-1837-4820)

サミット宣言(案)

 岩手県南部(一関市・平泉・奥州市)は、世界初の原発震災を起こした福島第一原発によりホットスポットとなっており、環境省の認定する除染対象地域となって、汚染は、いわき市や南相馬市と変わらず、子供の尿検査、屋内のハウスダストの検査でも、福島と変わらない値が報告されています。

 3・11東日本大震災~そして「原発震災」により、放射能汚染、測定、除染、食品汚染、内部被ばくなど、何をどうしたらいいのか先の見えない「暗闇の中を手さぐりで歩く」状態が続いています。今回の映画「第4の革命―エネルギー・デモクラシー」は一筋の光となりました。暗闇に射す一筋の光です。

 子どもたちは、映画からのメッセージを素直に受け止めます。子どもたちはきっと言います。「ボク大人になったら電気自動車に乗るよ。」「ボク風車をつくる人になりたい。」と。

 でも、一部の大人はこう言います「いい映画でした。この映画は、子供や孫に見せたかった。今日は開催してくれてありがとう。これからも頑張ってください。応援しています。」と。

 「映画の最後のメッセージを受け止めてください。人生の最後にゆっくり過ごしたいと思うかもしれませんが、何かを残して欲しいのです。それは、何か大それたことをして欲しいのではなく、この暗闇の中から光の射しているドアを見つけて、光につながるドアを開くというような、出来ることを始めるということです。出来ることを始めて欲しいのです。」

 「自然エネルギー100%自立キャンペーン」をやって行きます。日本にも「ミツバチの羽音と地球の回転」という「六ヶ所村ラプソディー」を撮った鎌仲ひとみ監督の映画があります。そこに出ている飯田哲也さんに言われました。「1年や2年で出来るはずがない、10年、20年かかるのだ。」と、、、山口県の祝島は「祝島・自然エネルギー100%自立」に向かって動いていて、やってくれると思いますが、どこかがやった後で始めたら遅いのです。すでにやっているところ、今からやるところと、同時・並行して切磋琢磨・刺激・励まし合いながら進めて行きましょう。

 後で振り返り「ローカライゼーション元年になった」と言える時代を私たちは生きています。グローバル企業は、世界大恐慌の時のアメリカのようになるのが見えています。新しいことを始める体力を持っているところが生き残ります。(常日頃から補助金に頼らず、自力でやってきた)地場の中小・零細企業に可能性があります。魅力のある商品を持っていて、その商品や、作っている会社や、やっている人にファンが付いているところが生き残って行きます。ローカライゼーションで日本は生き残って行きます。
食とエネルギーの地産地消~地産外消を起こして行きましょう!!

宣言します。
自然エネルギー100%自立した社会を子孫に残すまで、そして、人工放射能の拡散しない世界を子孫に残すまで、死にません。

2013年3月11日
第4の革命サミット岩手-エネルギーの自立を、自らの手で!参加者一同

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

トラ
2014年12月09日 20:55
「自然エネルギー100%で自立を目指す」運動をしているようですが、もう少し冷静にかつ科学的な目で自然エネルギーの持つ問題点を勉強することをお勧めします。
反原発運動家ですが、反自然エネルギー派でもある市井の科学者近藤邦明氏の解説(サイト「環境問題を考える」より)です。
 近藤邦明氏は、自然エネルギーそれ自体と自然エネルギー発電とは全く別物だと述べ、自然エネルギー発電の本質は、エネルギーを投入してエネルギーを生産する工業的な生産だとしています。そして、同じ発電電力量を得るために太陽光発電は石油火力発電よりも多くの石油を消費する劣った発電方式といえ、イメージに反して自然エネルギーのほうがエネルギーを無駄遣いし、いわば環境負荷が大きいと結論しています。
 自然エネルギーという、どこにでもあるが拡散したエネルギーを、工業的に利用できる高度なエネルギーにするためには、多くの仕事と資源を投入することが必要になる。更に制御不能な時間的不安定性を持つ自然エネルギーを利用するためには巨大なバッファ装置が必要になる。多くの人々は、自然エネルギーを利用できるようにするために投入されるこれらの工業的エネルギー(=石油エネルギー)と鉱物資源を見落としているのです。
 近藤氏が述べているように、今問題になっているのは発電というエネルギーの形態であり、すべて発電というのは工業生産プロセスを経て取り出されるものであり、自然エネルギーとて例外ではない。自然エネルギー発電とは、自然エネルギーを何らかの工業製品である発電装置によって捕捉して電気に変換する過程であり、自然エネルギー自体の無尽蔵性が本質なのではなく、自然エネルギー発電の本質とは発電装置の工業的な生産であると捉えないといけないということです。(文字制限のため次に続けます)
トラ
2014年12月09日 21:00
(続きです)
 「大海原に漂流する遭難ボート。水も食料も尽き果てた。いや海がすぐ手が届くところにある。無尽蔵の海水がある。これを飲めばいいじやないか。助かった!」

…っていう人はいませんね。しかし、自然エネルギーへの期待はこれと同じようなものではないか思います。海の水ならいくら大量にあっても使えないということがすぐわかることが、太陽光になるとあるいは風力になると「すごい」ということになってしまうのです。先ほどの学者ですら、太陽の恵みというイメージに騙されてしまうのです。
 自然エネルギー発電は電力の原料である自然エネルギーは地球上のどこにでもほとんど無尽蔵に存在する自由財なので枯渇することはありませんが、それだけでは何の価値もありません。自然エネルギー発電では発電装置を工業的に生産することが発電の本質なのです。どこにでもある低密度で拡散したそのままでは工業的に価値のない自然エネルギーを工業的に利用できるほどに集約するためには、単位発電電力量当たりに必要な 発電施設規模が必然的に非常に大きなものになります。自然エネルギー発電施設という巨大な工業製品を作る過程で莫大なエネルギーが消費されているのです。自然エネルギー発電であるから無条件に工業的エネルギー≒石油消費量を減らすことが出来るという太陽崇拝あるいは自然エネルギー信仰によって思考停止状態にあるのが現在の日本の世論の大勢であり、非常に危うい状況です。これでは再び原子力発電の安全神話を信じたのと同じ誤りを犯すことになります。
 真面目な人ほど真実よりイメージを大事にしがちです。運動に水を差すようですが、真実を追求してほしいと思います。飯田哲也氏以外の人たちの研究も勉強して下さい。

この記事へのトラックバック