【原発震災】つぎはぎ・縫い目だらけの汚染水タンクを「パッチワーク・タンク」と呼ぼう

さて、福島第一原発の汚染水タンクについて、私の考えを発信します。

汚染水タンクを私は「パッチワーク・タンク」と呼ぶことにしました。縫い目だらけですから!

【原発震災】福島第1原発「パッチワーク・タンク」から汚染水流出

汚染水を貯めるタンクは「東京機材工業株式会社」製のもの?
http://www.t-kizai.co.jp/media/

 このパッチワーク構造のタンク(パネルを繋いでいて、繋ぎ目の隙間をゼロにするのが難しい)ことを考えると、このタンクは「水を漏らさない」構造ではなく、「水が漏れて全部なくなるまでかなり時間を稼げる構造」ということができる。

 パッチワーク構造のタンクは「汚染水を漏らさず貯めておく」ことが目的ではなく、汚染水を少しずつ(気づかれないように)外部に漏らす」ことが目的で用意されたとしか思えない(あるいは、そのことを知らずに導入したとしか思えない)

直径12m×高さ16m
容量1800立方メートル=1800トンの水が入る。
深さ16mの水(比重を1として)によって、タンクの底面にかかる圧力(水圧)は、
1平方メートル当たり16000kg(16トン)

 1cmのマス(1cm×1cm)だと深さ1600cm=1600g(1.6kg)の重さがかかっている。手のひら(約40平方センチメートル)だと、約60kgの重さがかかっていることになる。この水圧では、底の近くに小さな穴や小さな隙間があったら少しずつ水が漏れる。

 人工放射能の発生しない社会を子孫に残すまで死にません!
 汚染水が海に流れ出す直前で止めるのは、緊急の課題かもしれないが、そこにだけ集中してはならない。重要なことは汚染源をなくすこと。汚染源が拡散する仕組みをなくすこと。そして最後に、汚染水が拡散する緊急事態を直前で止めること。緊急なことに集中していると、いつまでも緊急な状態から抜け出せない!

重要なことを優先すること!重要なことに優先して取り組むことによって緊急事態は減っていく。

【原発が無かったら起こらなかった問題を、原発を稼働しながら解決しようとしてはならない】

 また、汚染水という名称はおかしい。それが人工のそれも福島第一原発由来の放射性物質を含んでいるものと分かっている時点で汚染水、瓦礫、除染土壌、シイタケ、牧草、などと呼んではならない。本来は、高レベル放射性廃棄物とか、低レベル放射性廃棄物と呼んでいたものではないのか?高レベル放射性汚染水とか呼ばないとおかしい代物のはずだ!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
菅原佐喜雄 SAKIO SUGAWARA
・ドキュメンタリー映画上映ネットワーク一関 代表
・千厩『おもちゃの病院』院長(東京おもちゃ美術館名誉館長)
・コミュニティパワー・イニシアチブ呼びかけ人(ISEP会員)
・放射能から子どもを守る岩手県南・宮城県北の会世話人(子ども全国ネット会員)
・地方で仕事をつくる塾(那須「非電化工房」)7期生
・緑の党いわて準備会 共同代表(参院選・緑の党・岩手窓口だった)
・一関地球温暖化対策地域協議会 副会長
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

noga
2013年08月21日 16:20

安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
縁起でもないことは、頭が受け付けない。口に出してもいけない。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


この記事へのトラックバック