ILC誘致を考える会・千厩地区 設立講演会 報告

ILC誘致を考える会・千厩地区 設立講演会が2019年6月15日行われました。

ILC誘致を考える会・千厩地区

ILC誘致を考える会(一関・2017年7月23日設立)の分会として2013年の「国際リニアコライダー(ILC)を日本に誘致(建設)しないことを求める全国署名」提出団体として活動している「放射能から子どもを守る岩手県南・宮城県北の会(代表世話人 菅原佐喜雄)」メンバーなどで立ち上げた、ILCの国内誘致には賛成していない団体で、ILC誘致を考える会(一関)の会則に準じて活動します。
「国際リニアコライダー(ILC)を日本に誘致(建設)しないことを求める全国署名」
せふり山系 森と水のねっこわーくHP
http://www.sefurinecco.com/ilc04.html
画像
画像
画像


ILC誘致を考える会(一関)の会則
(目 的) 第3条 本会は、国際リニアコライダー(ILC)の北上高地への誘致について、岩手県民の立場に立ち、その長所と短所の両面を学び懸念を払しょくするため、誘致を推進する団体等から公開された回答を得ていく。特に、環境悪化・放射化・核のゴミの最終処分場への転用などの方針変更など子ども達に負の遺産を残さぬようにする。取り組みに当たっては、賛成派と反対派で地域が二分することの無いことを旨とし、地域づくりについても学習を深め可能な提言をする。

なんと講演会は、リスクや懸念事項を明確にすることを求め、子どもたちに「ILCで地域おこし・地域経済の活性化」など良いことだけを言って洗脳しないことを求めている団体が、岩手県で「ILC解説普及員」を務める元一関高専の先生であの「ロボコン」を指導していた佐藤清忠先生を呼んで講演会をするという”離れ業”をやってしまいました。
講演会終了後は、賛成していない人、むしろ日本に誘致しないことを求めている人と先生との懇談を40分行いました。
科学への興味の話や、科学の学び方が生き方にも通じるという見方や、ILCがなぜダメなのかなどを真剣に話し合って理解を深めました。

講演資料、チラシなどを貼り付けます

資料1:子供向け資料を使った大人向け講演会資料「小学生に教えるILC」というテーマで、
    文科省の指導要領から「科学が好きになる教え方実践編」)
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


資料2:子供に「科学の視点を伝える」保護者や教員向け資料
     文科省の指導要領から「科学が好きになる教え方の話」)
画像
画像
画像
画像
画像


講演会チラシ
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック