【Rolling20'sシネマ】映画『世界でいちばん美しい村』ネパール大地震の震源地ラプラックから

 新型コロナウィルス禍の中、感染者ゼロの岩手県は「世界でいちばん美しい村」に近いのかもしれないと思いながら全国一斉・非常事態宣言が39県で解除された5/14に判断し映画「世界でいちばん美しい村」上映会開催にこぎつけた。たった3日の告知で一関市内3ヶ所で17人に観てもらえたのは主催者として満足している。
https://www.cinemo.info/80m

 映画「世界でいちばん美しい村」は景色も美しいが住んでいる人の心が美しい。子どもも大人もよく働き、よく集まって共同し、多くのものを手作りする。
 ネパール大震災の震源地で4000人の住民のうち24人が亡くなった村は悲しみが支配していたが最後の一人を弔い学校や祭りが復活すると、その笑顔は村人みんなに広がって、小さい娘を亡くして村を去った夫婦も戻ってくる。
 コロナ後(withコロナ)が語られるが、人口密度が少なくなる動きが起こるだろう。都会から地方へ田舎へ移動が起こるだろう。食料や衣食住の自給自足が起こるだろう。実際にマスクは自給自足が起こった。
 都会は道路の両脇にある植木のところから始まって、アスファルトを叩き壊して土を表面に出して畑にするだろう。そういう動きが出なければおかしい。世界の国々は作ったものを自分で消費するようになるだろうから食料がいつでも手に入ると思わない方がいい。何かを始めなければならない。
 岩手はすでに動き出した。「自立力」をつけるのだ。そして自立した人たちによって「共生力」は磨かれる。『自立した人によって、共生(相互依存)が生まれる』のだから。岩手は自立する。「自立共生力」がキーワードになる世界がやってくる。

 最初の千厩会場には、気仙沼に住むネパール人カレー屋さんと一緒にネパールに入ったという方においでいただいた。
https://localplace.jp/t000172430/
そして、最後の会場には、気仙沼のネパール人カレー屋さんがネパールの子どもたちを一関市室根町のキャンプ場に招いた時に参加したという合唱をされている方においでいただいた。映画で何度も歌われるネパールの唄(RESHAM FIRIRI)なんというつながりだ!!
https://www.youtube.com/watch?v=nkXKo9vay7g

 ロサンゼルス在住の義理の弟(妻の弟)から上映中にメッセージが入った。「兄さん元気ですか。美里ちゃん(渡辺美里)も頑張っているようです。お兄さんが上映する映画・世界でいちばん美しい村のテーマ曲の”はなおと”さんにこちらでお会いしたことがあります」と。渡辺美里は私がファンで娘に美里と名前をいただいたし仙台のライブの時に義理の弟が紹介してくれて写真集とかいただいた。弟はすし職人で店をやっている。あちらで米を作っているのでなかなかやるなと思う。
http://www.morionodera.com/

映画『世界でいちばん美しい村』を上映して
この歌が耳から離れない
RESHAM FIRIRI
https://www.youtube.com/watch?v=FzwiufSPTMA
https://www.youtube.com/watch?v=qwDBE-87NWE
https://www.youtube.com/watch?v=vcdSRKgulEo
https://www.youtube.com/watch?v=tklvr43FcZ4

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント