桜守という仕事をされてる方のお話

桜守という仕事をされてる方のお話です。

「京の桜を愛でる 2008」というサイトに載っている佐野藤右衛門
さんのインタビューです。
お花見に行かれる方は、ぜひ読んでほしいです。


佐野藤右衛門さんの言葉

■桜守の仕事
「人々が桜を愛でるのは花の時期だけかもしらんけど、 それ以外の
季節も 桜は花や実のためにエネルギーを蓄え、成長しようとしとる
んです。
そして、周りの自然と共に生きとる。

日光、土、水、鳥、虫、周りの木々・・・

自然との関係が壊れれば、桜が弱って枯れてしまったり、
自生することができなくなるんですわ。
日々の桜の声に耳を澄ませて、周りの自然にも目を配る。
そうして桜が寿命を迎える日まで手塩にかけて守り続ける。
この仕事に必要なんは、何よりも桜への愛情です。

春になり、つぼみがふくらんできた様子を『笑いかけ』といいます。
やさしく微笑んでいるようでしょう。わしは、そのときが一番嬉しい。
この瞬間があるから桜守をやめられへんのです」

■祇園・円山公園の枝垂桜
「この円山公園の枝垂桜は、わしの親父が命がけで守った桜や。
先代の桜が昭和22年に寿命で枯れてしまった時、 親父はその
種子から育てていた若い桜をここに植え替えた。
京都市の命令で親桜と同じ場所に植えたわけなんやけど、実は
これが桜には良くない。
そもそも桜は連作に向かへん木や。
土を総入れ替えしたけど、春になっても花はつかんかった。
そうすると、先代の桜のイメージが頭に残ってる人たちは
「ひんそうな桜やな」と陰口を言うんです。
親父はその桜を毎日のように世話して、大きな台風が来たとき
には、木にしがみついて幹をささえたんですわ。

あん時は、ほんまに命がけやったと思う。
その後、だんだんと花をつけるようになり、 今では毎年見事な
花を咲かせてはる。
たくさんの人に見てもろうて桜も親父も喜んでるやろな。
当時の親父の苦労を知ってる人は何人もいはらへんやろけど、
桜が一番よう知ってるはずやわ」

■花見のマナー
「酔っ払って、桜の根元に酒をこぼすのはよろしい。
立小便しても、ヘドを吐いても、土の栄養になるからええでしょう。
しかし、ビニールシートはよろしくありません。
桜が呼吸できなくなります。
花見にはゴザを持っていくのがよろしい。
振動を伝えるカラオケや洋楽器、根を痛めるハイヒールもあきま
せん。
桜が嫌がります。
焼肉をすれば、油の粒子が花や幹についてしまいます。
桜も人間も、同じ世界で呼吸する生き物。
自然と対話する気持ちを持って花を愛でてほしおすな」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

eye2u
2008年05月01日 11:50
抜き技様

突然のコメント、誠に申し訳ございません。

定番ブログランキングサイト「EYE2U」を開設しました。



登録していただいてブログもアクセスも増えてまいりました。

「定番ブログランキング」ではありますが、簡単な登録でブログの宣伝ができます。





今後、アクセスアップにもつながると思いますのでご登録をよろしくお願いします。

http://eye2u.net/

この記事へのトラックバック