[国民は見逃さない]ILC誘致で起きていることに似ている青森県六ヶ所村で起きていること

国際リニアコライダー(ILC)誘致で起きていることに似ている。ILCも「夢」が語られているが、始まってしまうと「国家的プロジェクトによる開発」は「危険施設受入型開発」へと変容していく。ILCはいずれ研究が終了する。危険施設に転用される可能性もある。それはあってはならない。 そして、これから六ケ所村に持ち込まれる「有害物質の検出された残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ILC誘致に関する公開質問状】岩手県議選・一関選挙区立候補予定者6人へ

【ILC誘致に関する公開質問状】岩手県議選・一関選挙区立候補予定者6人から回答などを受け取り、まとめたものを各立候補者6人と記者クラブの方へ送られた。 その文書を手に入れたのでこのブログに掲載させていただきます。今回の県議選の投票行動の参考にされるかどうかは、これを読まれるみなさまでご判断いただきたい。 公開質問状の表題は「IL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ILC誘致】候補地から外れた理由(2013年・脊振山系が候補地から外された理由は)

ILC誘致を巡って、2013年、全国10数ヶ所から2ヶ所(福岡・佐賀「脊振(せふり)山系」、岩手・宮城「北上高地」)に絞られた中から、さらに1ヶ所に絞られるという時に。私は「放射能から子どもを守る岩手県南・宮城県北の会」代表として「せふり山系 森と水のねっこわーく」から、「国際リニアコライダー(ILC)を日本に誘致(建設)をしないことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ILCでも知れたこと】放射性物質トリチウムを環境中に放出せよと規制委が東電に求めるという記事から

福島第一原発事故で溜まっている1000兆ベクレル(毎秒1000兆個の放射線を出す)のトリチウムを環境中に出せと原子力規制委員会が東京電力に要求していることを考えると、国際リニアコライダー(ILC)の研究後に両端にあるビームダンプの100トンの水(50トン×2)の中に残留した100兆ベクレルのトリチウムの扱いも想像ができる。 記事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more